この 2016年07月 もネット活用がポイントです!

納得しつつ節約と安心を選べる車検

車の利用は人によって違いますし、年間数万キロ走る人と、数千キロしか走らない人では、消耗品交換も違うのでは?

でも車に詳しくないと、今までの車検の仕組みでは、整備の人に任せるしかないですね。

ところが、車検も競争の時代。 嬉しい仕組みの車検もあります。 ポイントは車検に立ち会う仕組み。

車検に立ち会って、目の前に愛車を見ながらの説明で分かりやすく、整備も選べる車検があります。

これなら、【安心】も、【節約】も、専門家にアドバイスをもらいながら選べて納得。

「でも、忙しいから立ち会うなんて時間取れるかなぁ・・・」 車検に要する時間は30分~1時間程度と短く、しかも終われば愛車に乗って帰れるので、慣れない代車の必要もなし。

私もこの車検と立会いを試してみましたが、普通なら聞きにくそうな質問が、するっと聞けました。 例えば、「その部品、交換しないとどうなるの?」とか。

目の前に愛車があって、対象のパーツを目にしてるので、自分の中の素朴な疑問にも気がつくんです。 そんな疑問に答えてもらえるから、安心・納得して整備も選べます。 紙の説明じゃ、ちょっとこうはならないでしょう。

こんなアングルで愛車を見れるなんて!
普段見られない愛車を見ると、いろいろな発見や驚きも。

実際に目にしての説明だから、ごまかしようもないですね。

アドバイスにも自然に納得。 紙の上での説明じゃ、こんなに納得できないと思います。

あなたの家の近くのホリデー車検は、公式ページから簡単に探せます。 できるだけ近くに見つかるといいですね。


早い!納得!安心! ホリデー車検

↑ クリック ↑
安心と節約が選べる!納得の車検


* * * * * * * * * * * * * * *

エンジンオイル
エンジンオイルは、定期的に交換するものです。しかし、ついつい忘れてしまいがちということも。エンジンオイルの劣化は、エンジンのシリンダーの劣化につながるんだそうです。そして燃費が落ちたり、エンジンの不具合につながることもあるようです。エンジンオイルとエレメント交換が忘れずに行いたいです。

車検か?乗換えか?
車検の時期を目安に乗換えを考える人は多いです。車検が一つの節目になりますね。ちなみに、乗換えで車を手放すなら車検は切れそうでもそのままです。車検を通しても、車検分査定が上がることは考えられないからです。買取店のほうが安く車検は通せますからね。

サイドスリップ検査
検査ラインで一番初めに受けるのがサイドスリップのテストとか。サイドスリップ検査では、タイヤの横滑りを検査します。タイヤが接地している鉄板が左右に動くようになっていて、この左右の動きを調査して、横滑りの程度の大きさ検査するというしくみ。ハンドルを切らない状態で、ゆっくりと真っ直ぐ進んで通過していきます。

自賠責保険証
自動車損害賠償責任保険証明書とはいわゆる自賠責です。通常車検とともに加入するので、あまり意識することもないまま、車検証と一緒に車に入れっぱなしの人がほとんどでしょう。車検の時期なので更新も2年に1度ですし、ほとんど目にすることのない書類かもしれません。

点検いろいろエンジン・ルーム
エンジンルームの点検には、パワー・ステアリング(ベルトの緩み、オイル漏れ等)、点火装置のスパークプラグ、バッテリーの状態・配線、エンジン(排気ガスの色、エアクリーナエレメントなど)、冷却装置(ファンベルト、冷却水の漏れ等)、燃料漏れ、公害発散防止装置などなどがあります。

オイルいろいろ
自動車の中にはさまざまなオイルが使われてます。エンジンオイルがもっとも思いつきやすいですが、このほかオートマチックオイルや、パワーステアリングのオイルもあります。またブレーキオイルもあります。交換の頻度が多いものほど、よく知られている傾向がありますが、知名度に関係なくどれも大事なオイルです。

修理か?乗換えか?
近頃は車の性能もよくなり、また道路の舗装が進んだこともあり、車が故障することも少ないと思います。でも、事故にあったり、時には故障することも。車も古くなるとだんだん故障するようになってきます。それで修理を機会に車を買い替えることを考える人も多いです。ちになみに、カービューでは動かなくなった事故車でも修理前の状態で査定してくれる買取店が待機しています。修理前の状態で売れるかも知れないのは嬉しいですね。

スピード検査
スピードメーターが適正なスピードを表示しているかどうかをチェックするのがスピード検査。もしスピードメーターが狂っていると困りますね。周りに迷惑をかけたり、意図しないところで、スピード違反になりかねません。スピード検査が開始されると、スピード検査機のローラーが下に降りて、車が少し沈むような感覚になるそうです。

自動車税納税証明書
自動車税納税証明書は自動車税を納めた際に、領収印が押されて手元に残るものです。車検を受ける時に必要になります。ちなみに、車検を受けない事を見越して払わないというのはダメのようです。ちゃんと請求は回っていくそうですので、締め切りまでに支払うことが大事です。

室内点検いろいろ
室内(車内)点検にもいろいろあります。ハンドルの操作具合・遊び・がたなど。ハンドルの操作性は安全もそうですが乗り心地に大きく影響しますね。ブレーキペダルの遊び、踏み込み時の床との隙間、ブレーキの利きなど。ハンドブレーキの状況など。またマニュアル車ならクラッチペダルも重要です。

ユーザー車検がきっかけ
規制緩和で登場した「ユーザー車検」
愛車の車検をプロに頼むことなく、自分で受けられる仕組みです。
ユーザー車検の利用には、整備に関する知識や車検を受けるための時間などが必要です。
ですので、だれでも利用できるような車検ではないです。

ところが、このユーザー車検の登場で、車検業界が大きく変わり、結果として多くのユーザーに影響することとなりました。

ユーザー車検代行など格安車検の登場です。
車検代がびっくりするほ安くなり、格安車検は喜ばれましたが、実は落とし穴も。

プロ任せの車検や整備に慣れたユーザーの場合、車検に通すだけの格安車検では、その後の愛車のメンテナンスの負担が増えたり、もしくは故障やトラブルまでメンテナンスが必要なことにも気づいてなかったり。
とはいえ、車検のときに次の車検や検査まで見越して、一気に部品や消耗品交換する整備より、ホントは必要なタイミングで交換したほうがムダがないはず。

近頃は、車検もサービスや料金でいろいろ選べる時代です。
納得しながら節約できる車検選びが人気です。

ディーラー車検や整備工場のお任せ車検に任せきりでは分からない発見や驚きがあります。
愛車の査定額がカギ
車検か?買い替えか?
車検を通すか?思い切って買い替えか?
愛車が意外に高く売れると知っても、車検にこだわりますか?

愛車の価値、今は手軽に分かります。
昔のように相場調べなんて必要なし。

たった数分の簡単入力で、愛車の査定を買取店が競う仕組みがあります。
インターネットが愛車の査定比較をびっくり簡単にしました。

初めてでも、忙しくても、簡単で高いと評判。
200万人が利用したクルマ買取査定の新定番。

査定に納得なら、すぐに買取りを進めるのがベスト。
ですが、査定に心が動かなければ、もちろん売る必要なし。

売るかどうかは査定額しだいなので、
まずは気軽に試せる査定比較。

あなたの愛車買い替えを援護する、予想外の高査定が待ってるかも。


愛車下取り

車下取り・廃車・買取りと北海道

車下取り・廃車・買取りと東北

車下取り・廃車・買取りと関東

車下取り・廃車・買取りと中部

車下取り・廃車・買取りと近畿

車下取り・廃車・買取りと中国

車下取り・廃車・買取りと四国

車下取り・廃車・買取りと九州

車下取り・廃車・買取りと地域

リンクに付いて

| マイカーの車検ドライブと日帰り旅行

ご感想・お問合せ等

Copyright © 2007-2013 破格安い車検~安心お任せの車検まで!失敗しない車検選び&選び方. All rights reserved