この 2018年12月 もネット活用がポイントです!

納得しつつ節約と安心を選べる車検

車の利用は人によって違いますし、年間数万キロ走る人と、数千キロしか走らない人では、消耗品交換も違うのでは?

でも車に詳しくないと、今までの車検の仕組みでは、整備の人に任せるしかないですね。

ところが、車検も競争の時代。 嬉しい仕組みの車検もあります。 ポイントは車検に立ち会う仕組み。

車検に立ち会って、目の前に愛車を見ながらの説明で分かりやすく、整備も選べる車検があります。

これなら、【安心】も、【節約】も、専門家にアドバイスをもらいながら選べて納得。

「でも、忙しいから立ち会うなんて時間取れるかなぁ・・・」 車検に要する時間は30分~1時間程度と短く、しかも終われば愛車に乗って帰れるので、慣れない代車の必要もなし。

私もこの車検と立会いを試してみましたが、普通なら聞きにくそうな質問が、するっと聞けました。 例えば、「その部品、交換しないとどうなるの?」とか。

目の前に愛車があって、対象のパーツを目にしてるので、自分の中の素朴な疑問にも気がつくんです。 そんな疑問に答えてもらえるから、安心・納得して整備も選べます。 紙の説明じゃ、ちょっとこうはならないでしょう。

こんなアングルで愛車を見れるなんて!
普段見られない愛車を見ると、いろいろな発見や驚きも。

実際に目にしての説明だから、ごまかしようもないですね。

アドバイスにも自然に納得。 紙の上での説明じゃ、こんなに納得できないと思います。

あなたの家の近くのホリデー車検は、公式ページから簡単に探せます。 できるだけ近くに見つかるといいですね。


早い!納得!安心! ホリデー車検

↑ クリック ↑
安心と節約が選べる!納得の車検


* * * * * * * * * * * * * * *

車検選び
車検選びで悩んでいませんか?車検にはおまかせタイプのものと、すごく安い車検があります。ユーザー車検制度が導入されたことで、車検をすごく安く提供するところが増えてきました。でも両者の料金の差には理由があります。おまかせタイプの車検では、この機会に消耗品や部品交換も行いますので、次回車検まで故障も少なく快適に車を乗ることができる場合が多いです。長い目で見るとおまかせタイプのほうが楽で安くつく場合も少なくありません。

ブレーキ検査
ブレーキ検査も車検で重要な検査の一つです。ブレーキ性能のチェックは、スピード検査の検査機で検査を行います。シフトはニュートラルの状態にし、サイドブレーキをかけない状態で、ブレーキ検査が開始されると、検査機のローラーが動き始め、タイヤをまわし始めます。そして合図でブレーキを踏むという検査です。

ユーザー車検に挑戦
日頃から愛車の整備が苦にならない人こそ、ユーザー車検ですね。試してみる価値があるはず。書類の準備や、下見など意外に楽しみながらできるかも知れないです。しかも普通の車検と違い、料金的なメリットも大きいですので、差額分は小遣いにしてもいいですし、車につかってもいいですし、やる気も上がりますね。

ユーザー車検とは
ユーザー車検とはディーラーや整備工場などのプロに頼むことなく愛車の車検を直接自分で受けるものです。規制緩和により導入された仕組み。ユーザー車検を通すにはそれなりに整備についての知識も必要なので、だれでもできるというものではないですが、画期的な仕組みには違いないですね。

自動車検査表
自動車検査表には、検査手数料分の収入印紙を貼り付けて、ライン検査をする際に、それぞれの検査のOKとNGを印していく書類。車検には欠かせない書類の一つです。大事な書類とはいえ、整備士さんでもない一般の人は、あまり見ることのない書類かもしれませんね。

ライン検査
ライン検査は、車の外見の検査からスタートし、スピード、ライト、ブレーキ、下回り、排ガス検査の順番で行われます。ライン検査にかかる時間は、経験のあるプロと、初心者(ユーザー車検)とでは、さすがに変わってきます。でも慣れていなくても10分程度で終了するんだそうです。

下回りの検査
サスペンションやマフラー等の部品の取り付けられている状態や、エンジンやミッション(変速機)等からオイル漏れなどが有るかをチェックする検査があります。整備工場にあるようなピットがありますので、レールに車体を合わせてゆっくりと前進し、所定の場所で停止し、そこで検査が行われます。

定期的にしたい車のメンテの話
定期的にしなければならないことといえば、まずはオイル交換やエレメントの交換。忘れがちになってないですか?バッテリ液の補充や、バッテリ交換も大事です。ウォッシャ液の補充をわすれると悪天候時の運転でヒヤッとすることも。たまにはボンネットを開けることも大事です。

ディーラー車検でいいの?
新車購入からのつきあいで、車検もひきつづきディーラーに依頼している人は多いです。でもね。車検は必ずしもディーラーに頼まなければいけないわけではないです。実は車検にもいろいろ。自分に合った車検なら、もっと節約しながら安心も両立手できます。車検選びもっと考える価値ありますね。

クルマの書類
クルマの書類といえば、まずは車検証。そして自賠責保険証明書。自動車税納税証明書も重要です。廃車のときを考えれば、リサイクル料金等預託証明も大事。あと、任意保険に加入している場合はその保険証。ロードサービスに加入している場合は会員証なども重要ですね。

ユーザー車検がきっかけ
規制緩和で登場した「ユーザー車検」
愛車の車検をプロに頼むことなく、自分で受けられる仕組みです。
ユーザー車検の利用には、整備に関する知識や車検を受けるための時間などが必要です。
ですので、だれでも利用できるような車検ではないです。

ところが、このユーザー車検の登場で、車検業界が大きく変わり、結果として多くのユーザーに影響することとなりました。

ユーザー車検代行など格安車検の登場です。
車検代がびっくりするほ安くなり、格安車検は喜ばれましたが、実は落とし穴も。

プロ任せの車検や整備に慣れたユーザーの場合、車検に通すだけの格安車検では、その後の愛車のメンテナンスの負担が増えたり、もしくは故障やトラブルまでメンテナンスが必要なことにも気づいてなかったり。
とはいえ、車検のときに次の車検や検査まで見越して、一気に部品や消耗品交換する整備より、ホントは必要なタイミングで交換したほうがムダがないはず。

近頃は、車検もサービスや料金でいろいろ選べる時代です。
納得しながら節約できる車検選びが人気です。

ディーラー車検や整備工場のお任せ車検に任せきりでは分からない発見や驚きがあります。
愛車の査定額がカギ
車検か?買い替えか?
車検を通すか?思い切って買い替えか?
愛車が意外に高く売れると知っても、車検にこだわりますか?

愛車の価値、今は手軽に分かります。
昔のように相場調べなんて必要なし。

たった数分の簡単入力で、愛車の査定を買取店が競う仕組みがあります。
インターネットが愛車の査定比較をびっくり簡単にしました。

初めてでも、忙しくても、簡単で高いと評判。
200万人が利用したクルマ買取査定の新定番。

査定に納得なら、すぐに買取りを進めるのがベスト。
ですが、査定に心が動かなければ、もちろん売る必要なし。

売るかどうかは査定額しだいなので、
まずは気軽に試せる査定比較。

あなたの愛車買い替えを援護する、予想外の高査定が待ってるかも。


愛車下取り

車下取り・廃車・買取りと北海道

車下取り・廃車・買取りと東北

車下取り・廃車・買取りと関東

車下取り・廃車・買取りと中部

車下取り・廃車・買取りと近畿

車下取り・廃車・買取りと中国

車下取り・廃車・買取りと四国

車下取り・廃車・買取りと九州

車下取り・廃車・買取りと地域

リンクに付いて

| マイカーの車検ドライブと日帰り旅行

ご感想・お問合せ等

Copyright © 2007-2013 破格安い車検~安心お任せの車検まで!失敗しない車検選び&選び方. All rights reserved