高速利用に最もふさわしいETCカードとは

高速道路会社が発行するETCカードだから、高速道路利用者にとってメリットの大きいサービスが豊富。一般のクレジットカードに付帯するETCカードとは違います。ポイントまで高速代として支払えるので、もっと安くすることができます。

ETCカードでもっと高速が安く

ETCカードはどれも同じだと思っていませんか?そんなことはありません。ETCカードやクレジットカードのもつ特長によってお得なシーンが異なります。高速道路での利用ということであれば、ETCカードがおススメす。



ETCカード メニュー


高速道路の豆知識

ETCの正式名称
ETCは普通に使われる言葉となりました。ではクイズです。ETCを略さずにいえますか?意外に難しいですよね。ETCをよく利用する人でも、なかなか答えられる人はすくないかもしれません。正解は、「Electronic Toll Collection System」です。正解できましたか?

ETCゲートでの注意
ETCゲートでは減速することが基本ですが、なぜでしょうか?ETCカードの挿入が不完全なためにゲートが開かないことがあったり、まれにETC未対応車が間違ってETCゲートに入り、あわてて急ブレーキをするケースがあったり、つまり不測の事態にそなえるために、いつでも止まれるようにしておくということですね。

レンタカーとETC
レンタカーや他人の車を運転するときも、自動車にETCの車載器があれば、自分のETCカードでETCを利用することができます。心配は不要です。車載器とETCカードは特に連動していないので、車載器とETCカードはどんな組み合わせでも利用できます。

車載器と車の関係
車載器は車ごとに用意する必要があります。もし、車を2台持っているときには、車載器も2台必要です。車載器によって車を特定するかたちになっているので、車載器の持ち回りは基本的にできません。2台以上車がある人は注意してください。

レーンの区分
レーンの区分には「ETC専用」「ETC/一般」「一般」の3タイプがあります。「ETC専用」はETC対応車だけが通れるれーんですね。「ETC/一般」はETC対応車とETC未対応車両方利用できるレーンです。「一般」は現金で支払いが行われるレーンです。ETCは利用できません。時間帯によっても変わる場合もありますので、区分には注意が必要です。

道央自動車道の主なSA・PA

東北自動車道の主なSA・PA

東名高速道路の主なSA・PA

名神高速道路の主なSA・PA

山陽自動車道の主なSA・PA

九州自動車道の主なSA・PA

その他(北海道)の主なSA・PA

その他(東北)の主なSA・PA

その他(関東)の主なSA・PA

その他(中部)の主なSA・PA

その他(近畿)の主なSA・PA

その他(中国)の主なSA・PA

その他(四国・九州)の主なSA・PA

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007 高速道路とETCカード. All rights reserved